電話加入権やスマホをレンタル~費用削減ドットコム~

案内

光ファイバーを利用

ひかり電話の優れた点

電話

ひかり電話とは、インターネット接続サービスと一緒に利用できる、光ファイバーを使用したNTTの電話サービスです。その長所には、何と言っても通話料金の安さがあげられます。昔の電話では、とくに長距離になると、電話料金が極端に高くなりました。家族から離れて一人暮らしを始めた学生など、実家や友人に電話をかけても、長話できない状況でした。それと比較すると、現在のひかり電話の通話料金は、格段に安くなっています。ひかり電話から他の電話への通話料金は、3分で8円です。30分しゃべっても、80円の計算です。しかも、市外や長距離でも、全国一律で同じ料金です。離れて住む者と長時間話したい人には大きなメリットとなります。また、市内通話も基本料金も安くなります。

困った点と今後の課題

ひかり電話の困る点は、停電時は電話を使えないことです。昔は、たとえ停電しても電話は使用できたのですが、ひかり電話は、モデムなどの作動に電気が必要なので、停電時には止まってしまいます。また、停電が復旧するときも、トラブルが起こって使用できず、モデムの再起動などが必要となる場合があります。その他、普及し始め頃は、様々な理由でトラブルが起こり、広範囲で使用できなくなることがあったようです。意外なところでは、西日本に生息するクマゼミが、ケーブルを枝と間違え、産卵管を刺してファイバーを傷つけてしまうトラブルがあります。それに対し、NTTは新しいケーブルを開発し、この新型ではクマゼミの被害はゼロになったそうです。このような問題点は、今後の課題といえるでしょう。